有料レンタルサーバー比較

アフィリエイター視点で選ぶレンタルサーバー

アフィリエイトのためのレンタルサーバーの選び方

レンタルサーバーの選び方と一口で言っても、その目的によっていろいろとおすすめが変わってきます。このサイトでは、アフィリエイトをするためのレンタルサーバー選びにこだわってみました。
アフィリエイトを行う際には、無料のレンタルサーバーや有料のレンタルサーバーを組み合わせて利用することが多くなります。
一概に無料ではだめと言うことではなく、無料のサーバーを利用するのにふさわしい用途、有料のサーバーを利用するのにふさわしい用途があります。
そこで、このサイトではアフィリエイトを行う視点でレンタルサーバーの選び方を見ていきます。
アフィリエイトしやすいレンタルサーバーと言うことで考えた場合、いったいその用途は何でしょうか。
たとえば有料サーバーを利用する用途として、メインのサイトの構築と、メインサイトへの被リンクを与えるサテライトサイトの構築と言うケースが考えられます。

 

サテライトサイトをたくさん作っても、メインサイトと同じIPアドレスでは、googleやyahooなどの大手の検索サイトには、有効なリンクとはみなされません。
そういう場合にはIPアドレスを変える必要がありますので、同じ業者ではなく別の業者からサーバーを借りることで、IPアドレスを分散することが出来ます。
そうであれば、サテライトサイト作りには多くの異なる業者さんからサーバーを借りる必要があります。

 

一方で、メインサイト作成で必要になるのは、DBMSが利用可能であることです。
メインサイトは、そのメンテナンスを考えると、普通はCMS(コンテンツマネジメントシステム)を利用します。
普通CMSとしてはXoopsやブログ作成を中心としたWordPressやJoomla!、Dropal、そしてeCommerceサイトを作成するためのECCubeなどが使われます。
そして、これらのCMSはMySQLやPostgersqlなどのDBMSを使用します。
ですので、メインサイト用にはこれらのDBMSが利用可能であることが必要になります。

 

また、サテライトサイト作成目的であれば、いかにたくさんのサイトを作れるかと言うことになり、どちらかと言うと異なるドメインをどれだけ利用できるかと言う点が重要になるかと思います。
たくさんのサイトを同じIPアドレスで作成してもあまり意味は無いので、複数のIPアドレスに分散することを考えると安価に借りられることも重要かもしれません。
そして、作り方にもよりますがサテライトサイトであれば、特にDBMSは要らないかもしれません。

 

もうひとつの視点として、PC用、携帯用、スマートフォン用のサイトを同時に作る場合に、.htaccessを利用してサーバーが自動的に、振り分けてくれるとよいですよね。
無料のレンタルホームページでは、この自動の振り分けはまず出来ません。

 

このように、このサイトではアフィリエイトを行う視点で、レンタルサーバーを選ぶ差異のポイントをまとめています。

 

ただ、ここでは、アフィリエイト自体の解説はしません。

 

アフィリエイト自体を勉強したい場合は、例えばブログアフィリエイトのはじめ方などがありますので参考にしてみて下さい。

このサイトの構成

このサイトでは、下記のような構成で出来ています。

 

用語集

 

レンタルサーバーを選択する上で難しい用語・知っておくと良い用語をまとめたページ

 

 

100円サーバー

月額100円程度で借りられるサーバーを100円サーバーと名づけてまとめてみました。
このクラスのサーバーは、大体MySQLがひとつ利用できます。

 

マルチドメインには対応しているところと、そうでないところがあります。
気を付けなければいけないのは、マルチドメインに対応していてもサブドメインが出来ない場合があります。

 

ただ、金額が安いので、複数のサーバーを借りてIP分散を図るのには良いですね。

 

 

250円サーバー

月額250円程度で借りられるサーバーを250円サーバーと名づけてまとめてみました。
250円サーバーも、MySQLはひとつのところが多いです。

 

またこのクラスでも、独自ドメインは3個までとかのところが多いです。

 

 

500円サーバー

1000円未満のサーバーをまとめてみました。
このクラスになると、実は、1000円以上のところと帯域や転送量と言った量的な部分は除いて、その他の形式的なスペックは変わらないプランも出てきます。

 

一方で、会社によっては、100円サーバー、250円サーバーと変わらないというプランのところもあります。
この辺は、思ったよりもバリエーションがあるのかとも思います。

 

1000円超サーバー

月額1000円を超えるクラスのサーバーの情報をまとめています。
このクラスになると、機能や仕様と言うよりも、ベンダーのブランドの違いが出てくる感じがします。
この上は、専用サーバーやVPSの選択になるでしょう。

 

ただ、アフィリエイターの視点では、そのようなサーバーを借りる意味はあまりないかもしれません。

 

ベンダー別仕様・機能比較

上記を含めた各ベンダーの機能比較をまとめました。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ